[[FrontPage]]

*よくある質問 [#p072f819]


-重水素低減水とは?
--身体に害のある重水素を人工的に少なくした水です。


-どんな病気によい(効く)のか?  効果、効能
--実験や論文ではがん細胞の増加抑制や腫瘍の縮小や寛解、疼痛の減少をはじめ血糖値の安定など多くの効果が書かれ、知られております。ハンガリー国立がん研究所では10年以上の期間をかけ1000例を超える臨床データを集めたとのことですが、人様に関しては医療行為あたりますので、ドクターにお問い合わせ願います。


-1日に飲む量は?
--厳密には体調や体重により増減する必要がありますが、ある程度自由で良いと思います。1日に摂取する水分の3割から5割超を重水素低減水に置き換えるのが良いでしょう。食事やお薬を飲むときにコップ1杯など定期的に回数を分けてのむと良いでしょう。また、一度に大量に飲んでも尿や汗でたくさん排泄されてしまうのでややもったいない飲み方といえます。

-温めても大丈夫ですか?
--まったく問題ありません。加熱によって性質が変化することはありません。

-どれくらい日持ちするのか? (賞味期限)
--消費期限、賞味期限として、清涼飲料水の基準を満たす必要があり(賞味期限)をもうけています。
重水素低減水としての性質は、密閉されている限り、いつまでも性質は変わることはありません。

-がんが治る原理、理由は?
--厳密な仕組みはまだ研究段階にあります。重水素を減らすとがん細胞の分裂が減るということがわかっています。また、がん細胞が自然死(アポトーシス)する割合が増加します。
ほかにも重水素はDNA損傷を促すという説があり、がん細胞の増殖も促しているという説があります。(カークグッドオール氏の研究に基づく)重水素を減らす事は予防に繋がる可能性があります。

-1度飲んだら、飲み続けなければいけないのですか?
--個人差があるので一様には言えません。体力低下や不安がある時は飲み続けて低重水素の状態を保つ事を推奨します。飲用を中断するときには徐々に量を減らし様子を見ながら加減するのが良いでしょう。

-どのように作るのですか?
--電気分解をして、軽水素のみ分離(重力の差)して、酸素と化合させる方法(エネルギーコストがかかる)と、減圧蒸留して、軽い水と、重い水を分離する(複数回の蒸留過程が必要)方法でつくる。又、アンモニアガスより、重アンモニアを分離して(重力の差)、軽アンモニアを酸化させる(軽水と窒素ガスになる)方法があります。アンモニアは、常温で気体なので、減圧の必要がない。

-なぜ高いのか?
--重水素原子を分離するのに、膨大なエネルギーが必要なのでコストがかかるので基本的に高価になっています。また、まだ流通量が少ないため高コストになっております。これに関しては流通が増えることで改善されるでしょう。


-どこ(お店)で買えるのか?
--現在は提携クリニックと一部の薬局薬店、及び直販で購入できます。ドクターと相談して細かなケアが受けられるクリニックでの購入をお薦めいたします。


-なぜ、他で売っていないのか?
--まだまだ知名度が低いためです。より多くの方に知って手軽に飲んでいただけるようになることを期待します。


-重水素濃度を測定することはできますか?
--可能です。同位体重量比検査が出来る機関で行う事が出来ます。
  
-水素水とどう違うのか?
--水素水とは、水(HSUB{2};O)に水素分子(HSUB{2};)やHSUP{+};(Hイオン)を添加、溶かし込んだものです。軽症2型糖尿病患者30人に対する調査で数ヶ月の飲用で糖、脂質代謝の改善効果が見られたとのことです。重度の糖尿病患者に対する効果は調査されていません。~
重水素低減水は原子核の違いという物質の本質的な点に着目したものでより特別な水と言えます。~
また、市販の水素ガスの中には重水素がとても低いものが有るとのことです、このようなガスが添加されていた場合には重水素低減の作用があるかもしれません。

-アルカリイオン水とどう違うのか? 活性水素水との違いは?
--アルカリイオン水と、活性水素水は同じもの。水を電気分解した時に、陰極側に集まるのが、活性水素水です。電圧を上げると極から水素ガスが発生します。胃粘膜の炎症を阻止したり、お腹の症状がやや改善するといった効果を持つという試験結果があるとのことです。

質問がありましたらこちらへご記入ください。
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS