FrontPage

飲用方法

DDWは化学的にも物理的にも安定しているので、加熱や他の物と混ぜて飲用できる。
お茶、コーヒー、紅茶などや料理にも利用できる。できる限り蒸発しないように工夫する。

1日あたり同量を飲むなら回数を分けて飲むの方が良い。
朝昼夜の食事の時や睡眠前など数回に分けて飲んだり、薬を飲むときに飲用するのも良い。

他の水分を摂取すると重水濃度が減りにくいので過剰な水分摂取はさける。
野菜や果物を多く食べる方はDDWを多めに飲む必要がある。

健康維持

毎日125ppmを飲用する。すべての水分をDDWに切り替えるのが理想だが、一般に500ml以上が望ましい。
他に水分を摂取したときにはDDWを多めにとることで平均化をした方が良い。

アンチエイジング

健康維持と同様の飲用方法をとる。

がん予防

1年おきに3ヶ月飲用する。
1日あたり100ppmのDDWを500ml数回に分けて飲用する。
できかけているがんの芽を退治する。

がん治療

治療前 -- 診察結果・治療方針が定まるまでの期間

2週間 DDW 濃度125ppm 500ml/day
2週間 DDW 濃度100ppm 500ml/day
それ以降 DDW 濃度50ppm 500ml/day
体調や腫瘍マーカー等を参考に増減する。

治療中

  • 進行性
    DDW濃度50ppm 1000ml/day
    または DDW濃度25ppm 500ml/day
  • 結果を早く出したい場合
    できる限り口にする水分や食事の水分にDDWを利用する。
  • 長期間でしっかりコントロールしたい場合
    飲用する濃度を徐々に下げ、また飲用する量も徐々に増やしていく。
    体調や腫瘍マーカーや進行を診ながら加減をする。

治療後 -- 手術・化学療法・放射線治療の後や疼痛、体調回復

急な中断は避け、徐々に飲用量を減らし、濃度も徐々に戻してゆく。
完全に中断する時には1ヶ月中断後に再度3ヶ月飲用、3ヶ月中断後再度3ヶ月飲用するなど経過を確認しながら中断するのが望ましい。

再発防止

がん予防同様の飲用方法をとる。
1年おきに3ヶ月飲用する。
1日あたり100ppmのDDWを500ml数回に分けて飲用する。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-18 (月) 17:17:22 (2188d)