FrontPage

水素と重水素は化学的・物理的性質が非常ににているため分離することが困難である

  • 電気分解法
     電気分解をしで水素と酸素を分解し、重力や質量の差を利用して軽水素のみに分離し、再度酸素と結合させる方法(エネルギーコストがかかる)
  • 蒸留方法
     30メートル以上の高さの蒸留塔を使って減圧蒸留し、軽い水と重い水を分離する方法(複数回の蒸留過程が必要)
  • アンモニア交換法
     アンモニアガスより重アンモニアを分離して軽アンモニアを酸化させる方法。(軽水と窒素ガスになる。アンモニアは常温で気体なので減圧の必要がない。)

等がある。
いずれも危険であったり大規模な施設が必要になること、また電気ガスなどのエネルギーコストや管理コストといった費用がかかるため製造費が高くなる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-18 (月) 17:17:21 (2188d)