FrontPage

研究者

ガボール・ショムヤイ博士

1956年 ブタペスト生まれ
1988年 分子生物学 理学博士(Ph.D)
1988年 ドイツ ジョージ・オーグスト大学で研究
1990年 アメリカ コロンビア大学で研究
1990年 ハンガリー国立ガン研究所で腫瘍の壊死と腫瘍壊死因子の研究
 ハンガリー国立ガン研究所で10年の歳月を費やし、1000人を超す臨床データをあつめた
1999年 「がんに打ち勝つ!重水素減少水のがん治療の効果」を論文発表

重水素低減水の生物学的効果に関する文献

  • 重水素低減水の生物学的効果に関する文献
  • 重水素低減水の生物学的効果に関する講演、セミナー及びポスター
  • 基礎研究の結果(1990~1999)

研究機関

  • 国立薬学研究所(Országos Gyógyszerészeti Intézet)

in vitroの実験

  • 細胞の分裂が阻害された
  • アポトーシスが促進された

動物での試験

  • マウス、ネコ、イヌに対して腫瘍のサイズに関して成長が止まるまたは小さくなる
  • マウスにおいて腫瘍細胞の増殖抑制、腫瘍体積の減少が立証された

効果

  1. in vitroでのDDW処理下では、細胞の分裂が抑制された。また、実験系において重水素除去によってアポトーシスが促進された。
  2. がん患者と同様に自然発生的な腫瘍をマウス、ネコ、イヌに対して移植したケースでDDWの結果として腫瘍サイズの成長が停止または縮小した。さらにマウスによる実験で、重水素除去が腫瘍細胞の増殖を抑制し、結果として腫瘍内部の破壊(腫瘍体積の減少)がおこるとこが立証された。
  3. 明確な腫瘍の存在を間接的に調べる試験として、血中における特定のタンパク質(腫瘍マーカー)の出現を見る方法が有る。重水素低減水の飲水後(あるケースでは、一時的に飲水量を増加した後)では、腫瘍マーカーの値が減少した。この減少は腫瘍の体積の減少に関係し、重水素除去の抗がん効果もまた影響していると思われる。
  4. 全ての寛解患者(がん患者の治療の際、腫瘍細胞の存在を調べる試験はおこなわなかった)において重水素低減水の飲水中は何年も再発が見られなかったが、飲水を中断した数ヶ月後に、腫瘍が再現したという例がいくつかあった。これは重水素低減水が患者の生体バランスを維持し、また腫瘍の成長を抑制していることを示している。
  5. 先進国において、10年以上にわたり多くの研究が続けられてきた。何千人もの患者が、栄養摂取と薬物使用の関連性、もしくはある病気が実際に発生する頻度を調べるために実験へ参加した。ある実験は、NSAIDs(アスピリンのような非ステロイド抗炎症薬)を定期的に服用している患者の中では、特定のがん(肺、結腸)の発生頻度が低下することを明確に示している。基礎研究によって、この効果はいくつかの薬物がprostaglandinの合成に関与する遺伝子COX-2を抑制するために起こることが証明された。重水素低減の研究においても、同様に重水素除去によってCOX-2の活性が抑制されることが示された。
  6. 過去数ヶ月の間に長年科学者の間でがんの成長に関与しているとみなされてきた遺伝子の活性が、重水素除去によって抑制されることを証明した。

人への試験

前立腺腫瘍でのフェーズⅡ臨床試験

  • 二重盲検法によるフェーズⅡ臨床試験
    前立腺腫瘍でのフェーズⅡ臨床試験の中間報告が、最も重要な指標(前立腺体積、排尿上の問題、効力、生存率)によってさらに裏付けている。結果は治療群の方が対照群よりも、有意に良かった。

乳腫瘍患者のデータ解析の詳細

  • 重水素低減水を摂取した患者群では、73%の患者が遠隔転移の出現後2年間生存し、25%が5年生存した。この結果は、腫瘍患者は大きな効力をもって、治療と治癒を受けることができるという初期のデータを裏付けるものである。

特例使用および補助治療としての重水素低減水の適用

  • 患者は従来の治療に並行して重水素低減水を与えられ、従来治療の代用としたのではない。
  • 患者は重水素低減水の摂取について医師に通知し、主治医の協力を仰ぐことを目指した。
  • 参加した患者には番号が与えられ、データはプロトコルに記録した。
  • それを基に、詳細で正確な重水素低減水摂取患者の統計分析を作成した。
  • 追跡調査中、重水素低減水の量と濃度に関する対象実験の記録を採取した。
  • 重水素低減水の摂取に関する患者の調査と観察を全て記録した。

ハンガリーでの臨床例

  • 生存例、死亡例、中止例

腫瘍のタイプと感受性

  • 高感受性タイプ 、平均的感受性タイプ 、低感受性タイプ 、抵抗性のタイプ、その他のタイプ

そのほかの効果

  • がんと糖尿病を併発している患者の血糖値が低下した。
  • 抗がん剤の副作用が軽くなった。
  • 睡眠の質が良くなった。
  • 疼痛が軽くなった。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-18 (月) 17:17:16 (2114d)