FrontPage

重水素低減水に期待されるアンチエイジングの働き

「重水素低減水はアンチエイジングに対する有意な効果が期待される」NASAの研究員カーク・グッドオール氏の調査報告

 老化の原因の一端は細胞が分裂するときに行われる遺伝子のコピーミスに有ると考えられている。通常のコピーミスはDNA修復酵素の働きによって抑制されている。しかし、長年コピーが繰り返されると僅かだったミスも蓄積されてゆき徐々に機能しない細胞へと変化してゆく。このような機能しない細胞をブランクセルと呼んでおり、70代を過ぎたころには3割の細胞が機能障害を起こしていると言われる。

  • DNAの水素結合に反応速度の遅い重水素が入り込み邪魔をすることでコピーミスを引き起こしていると考えられる。
  • 通常の水には6666個に1個の割合で重水素が含まれておりミスを引き起している可能性がある。
  • 重水素低減水を飲用することでミスが起きる確率を下げられることが期待できる。
  • 重水素低減水の中では酵素の活性が高まることがわかっており、DNA修復酵素もより効果的に働くと考えられている。
     

 紫外線等による細胞内に発生する活性酸素も老化を促進させる要素の一つだが、重水素低減水を飲用することで細胞内の活性酸素除去酵素の働きを助け、よりよい細胞環境を与えることができるということがラットによる実験により示唆されている。これらのラットは紫外線照射後の状態や、放射線暴露後の加齢の進み方の差として現れている。

  • ラットでの実験がそのまま人間に当てはまると限らないが、人間に対しても放射線や紫外線のダメージを抑えられると十分期待できる。
  • 重水素低減水は純粋な水なので細胞の内外や細胞内小体にも浸透できる。
  • 血液脳関門を通過できるので脳のアンチエイジングにも期待がもてる。

アンチエイジングに対する医学的効果を確認するには、より大規模で長期間の調査が必要になる。今後調査が進むことを期待する。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-18 (月) 17:17:16 (2188d)